産経WEST

大和政権の影響及ぶ?「池田茶臼山」4世紀の前方後円墳と判明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大和政権の影響及ぶ?「池田茶臼山」4世紀の前方後円墳と判明

池田茶臼山古墳の前方部と後円部との境界の「くびれ部」で見つかった葺石=大阪府池田市 池田茶臼山古墳の前方部と後円部との境界の「くびれ部」で見つかった葺石=大阪府池田市

 大阪府池田市教育委員会は22日までに、同市五月丘にある池田茶臼山古墳(4世紀半ば、古墳時代前期)が、前方後円墳であることが確定したと発表した。前方後円墳の発祥地とされる奈良盆地東南部にあったとされる大和政権の影響が、この時期には大阪府北西部に及んでいたと推定できるという。

 以前の測量調査で、前方後円墳と考えられていたが、今回の発掘で前方部と後円部との境界の「くびれ部」で葺石を見つけ、改めて前方後円墳だったことを確認した。また前方部は細長く、前期古墳に特徴的な「柄鏡式」と呼ばれるタイプだったことも分かった。円筒埴輪の破片も出土、全長は想定されていた62メートルよりも短い57メートルだった。

 市教委によると、大阪府北西部を流れる猪名川左岸で最も早く築造された首長墳の一つと考えられている。

 現地説明会は24日午後1~3時。

関連ニュース

国内3番目の大きさ「履中天皇陵古墳」に展望台 世界遺産登録見据え、美しい稜線観賞できるように 堺

「産経WEST」のランキング