産経WEST

【もんじゅ廃炉方針】「昨日は『何も決まっていない』だったのに」…文科省VS地元・福井 距離感と困惑くっきり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【もんじゅ廃炉方針】
「昨日は『何も決まっていない』だったのに」…文科省VS地元・福井 距離感と困惑くっきり

 政府が21日、廃炉を含めた抜本的な見直しの方針を表明した高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。松野博一文部科学相は21日夜、福井県庁を訪れ、西川一誠知事と敦賀市の渕上隆信市長に直接説明した。西川知事は「地元に全く説明がないまま考え方が示された。無責任極まりない対応で誠に遺憾だ」と政府の姿勢を強く批判。渕上市長も「地元が置き去りにされており、拭いきれない不信感がある」と述べた。

 松野文科相は同日の関係閣僚会議終了後、福井県入りした。県庁での面談では、政府の方針を伝えるとともに「説明不足もあり、地元の皆さんには不安や戸惑いを感じさせてしまった。深くおわびする」と陳謝した。

 これに対し、西川知事は「事故やトラブルなど課題がある中、地元は風雪に耐えながら安全確保に全力を尽くしてきた」とし、「もんじゅなしで核燃料サイクルが可能なのか。目先にとらわれ、場当たり的な方針と思えてならない」と不快感をあらわにした。

 渕上市長は20日に首相官邸などを訪れ、もんじゅの存続を陳情したばかりで、「昨日の時点では、『何も決まっていない。幅広く検討をする』という答えだった。バカにされているような気がする」と述べたうえで、「廃炉ありきの方針なのではないか」と批判した。

 同市には、もんじゅ以外に日本原子力発電の敦賀原発1、2号機があるが、1号機はすでに廃炉が決まり、2号機は原子炉直下に活断層があると疑われている。もんじゅの廃炉が決まり稼働可能な原発がゼロになれば、地元経済や交付金など税収面での影響が懸念されている。

 もんじゅ構内のドアのメンテナンスなどを行う同市の建具会社社長、堤利市さん(67)は「もんじゅは研究開発のための原型炉。技術を確立させずに廃炉にしては、後世にツケを残すだけで、何にもならない」。書店経営の石黒順二さん(71)は「廃炉にするなら地元の要望を反映した地域振興策を示してほしい」と訴えた。

 もんじゅの廃炉を求めてきた今大地晴美・敦賀市議(66)は「トラブルも続いており、危険性は商用炉よりはるかに高い。廃炉は待ち望んでいたことではあるが、もんじゅの廃炉と引き換えに、再稼働や新増設が進むのではないかと懸念している」と話した。

関連ニュース

【もんじゅ廃炉方針】動画あり もんじゅ閣僚会議開催に地元は不信、住民も賛否 福井・敦賀

「産経WEST」のランキング