産経WEST

【関西の議論】“買い物弱者”支えた花屋・70歳女性の孤独死 「高齢者が高齢者の世話をする見本」と惜しまれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
“買い物弱者”支えた花屋・70歳女性の孤独死 「高齢者が高齢者の世話をする見本」と惜しまれ

花屋を営むかたわら地域活動にも積極的だった山本民子さん(右)=和歌山市(住民提供、平成2年10月) 花屋を営むかたわら地域活動にも積極的だった山本民子さん(右)=和歌山市(住民提供、平成2年10月)

 流通機能や交通網の弱体化で食料品など日常の買い物が困難な状況に置かれている人々は「買い物弱者」と呼ばれ、高齢者を中心に全国で増えており、経済産業省はその数を約700万人と推計。現在は農村や山間部などの過疎地が中心だが、今後は都市部でも増えるとみられている。

 山本さんはそうした買い物弱者の高齢者の生活を支えてきた。投書に《高齢者が高齢者の世話をする時代の見本》とあったように、山本さんの思いやりの気持ちは多くの住民の心を動かし、地域の絆を強くした。

このニュースの写真

  • “買い物弱者”支えた花屋・70歳女性の孤独死 「高齢者が高齢者の世話をする見本」と惜しまれ

関連ニュース

「高齢社会」テーマにWHOと共同研究へ…京都府立医科大など関西医科系8大学

「産経WEST」のランキング