産経WEST

【関西の議論】夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力

水木しげる記念館前庭の赤ん坊の鬼太郎と目玉おやじ像の後ろでは影絵のねずみ男が躍る 水木しげる記念館前庭の赤ん坊の鬼太郎と目玉おやじ像の後ろでは影絵のねずみ男が躍る

衰えない水木人気

 水木ロードは平成5年、妖怪像23体でオープン。これまでに、境港駅から水木しげる記念館まで延長約800メートルに妖怪像153体を設置した。生前の水木さんは、帰郷の度にロードを訪れていた。境港駅前にある「水木しげる先生執筆中」像は、お気に入りだったようだ。

 ぶらっと現れた水木さんが、自身の像の頭をなでる姿を、駅員が目撃しているという。水木さんは、ロードを愛してやまなかった。

 NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」が放映された22年には、過去最高の372万人が訪れた。その後も客足は途絶えず、観光客は今年5月に累計3千万人に達した。

 水木さん没後も、ロードの人気は衰えない。今年8月の観光客数は約38万人で前年同期比で36%増。今も、水木さんを追悼するファンや親子連れなどが詰めかけている。

20年後を見据え

 「勢いのあるうちに、20年先の手を打ちたい」。同市の中村勝治市長は26年1月にこう述べ、「誰もが楽しめる道づくり」をテーマにロードを再整備することを明らかにした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力
  • 夜に踊る妖怪たち、水木さんもあの世から…大きく変わる「水木しげるロード」の魅力

関連ニュース

水木しげるさんカレンダー発売 鳥取・記念館

「産経WEST」のランキング