産経WEST

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(3)布都御魂(ふつのみたま) 危機救った刀 生命を預かる神

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神武・海道東征 第12部】
偉業を支えた脇役たち(3)布都御魂(ふつのみたま) 危機救った刀 生命を預かる神

布都御魂を祭る石上神宮。日本最古の神社の一つとされる =奈良県天理市(恵守乾撮影) 布都御魂を祭る石上神宮。日本最古の神社の一つとされる =奈良県天理市(恵守乾撮影)

 刀の神を祭る神社は、日本書紀でタケミカヅチとともに国譲りを成功させたと書かれるフツヌシノカミを祭る香取神宮(千葉県)、須佐之男命に退治されたヤマタノオロチの尾から見つかった草薙(くさなぎ)の剣を祭る熱田神宮(名古屋市)などがある。草薙の剣は12代景行天皇の御子、ヤマトタケルの東征にも登場し、三種の神器の一つに数えられる。

     ◇

【用語解説】交声曲「海道東征」

 詩人・北原白秋(きたはら・はくしゅう)が記紀の記述を基に作詩し、日本洋楽の礎を作った信時潔(のぶとき・きよし)が作曲した日本初のカンタータ(交声曲)。国生み神話から神武東征までを8章で描いている。

 皇紀2600年奉祝事業のために書かれ、戦前は全国で上演されて人気を集めたが、戦後はほとんど上演されなくなった。昨秋、大阪フィルハーモニー交響楽団の雄壮な演奏で復活上演され、大きな反響を呼んだ。今年も10月3日に再演される。

 白秋の詩は、記紀の古代歌謡や万葉集の様式を模して懐古的な味わいがあり、信時の曲は簡潔にして雄大と評される。

このニュースの写真

  • 偉業を支えた脇役たち(3)布都御魂(ふつのみたま) 危機救った刀 生命を預かる神

関連ニュース

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(4)道臣命(みちのおみのみこと) 先陣を切り武功 忠臣の象徴

「産経WEST」のランキング