産経WEST

認知症理解求めオレンジ色 姫路城がライトアップ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


認知症理解求めオレンジ色 姫路城がライトアップ

「世界アルツハイマーデー」に合わせ、認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされた世界遺産・国宝姫路城=21日夜、兵庫県姫路市 「世界アルツハイマーデー」に合わせ、認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされた世界遺産・国宝姫路城=21日夜、兵庫県姫路市

 認知症への理解や、患者、家族への施策の充実を呼び掛ける21日の「世界アルツハイマーデー」に合わせ、世界遺産で国宝の姫路城(兵庫県姫路市)が同日、認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされる。

 アルツハイマーデーは、国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)が1994(平成6)年に制定。公益社団法人「認知症の人と家族の会」(京都市)が全国各地の観光名所などのライトアップを呼び掛け、姫路城では初めて。

 姫路城のライトアップを主催した「ひめじ認知症啓発協議会」の上北剛さん(50)は「身近に認知症の方がいる人にとっては切実な問題だが、理解はまだ足りない。関心を持つきっかけになれば」と話している。

関連ニュース

姫路城、入場者数100万人突破 「平成の大修理」終え入場者堅調、外国人観光客も

「産経WEST」のランキング