産経WEST

シャープ攻勢を鮮明、28年度下期黒字化目標 旧本社隣接ビル買い戻し月内合意へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ攻勢を鮮明、28年度下期黒字化目標 旧本社隣接ビル買い戻し月内合意へ

大阪市阿倍野区のシャープ旧本社。隣接ビルの買い戻しが浮上している=2月25日、本社ヘリから 大阪市阿倍野区のシャープ旧本社。隣接ビルの買い戻しが浮上している=2月25日、本社ヘリから

欧州でテレビ事業に投資

 一方、欧州でテレビでシャープブランドの使用権を供与しているスロバキアのUMC社への出資も視野に提携を強化することで基本合意した。戴社長は「輝けるグローバルブランドを目指す」とし、将来的に自社製品による欧州再参入を目指す考えを強調した。

 シャープは8月中旬に鴻海から総額3888億円の出資を受け債務超過を解消しており、田辺ビル買い戻しやUMC社への出資は「手元資金で行う」としている。28年4~6月期は全事業で減収となったが、先行投資で早期の黒字化に向け社員の士気を高める狙いもある。

関連ニュース

シャープ、鴻海にテレビ生産委託 事業方針発表「30年度にテレビ販売倍増」

「産経WEST」のランキング