産経WEST

万博会場は大阪湾「夢洲」 大阪府市が誘致へ候補地決定 100ヘクタール確保

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


万博会場は大阪湾「夢洲」 大阪府市が誘致へ候補地決定 100ヘクタール確保

平成37(2025)年の国際万国博覧会で大阪府と大阪市は夢洲を候補地に決定した 平成37(2025)年の国際万国博覧会で大阪府と大阪市は夢洲を候補地に決定した

 平成37(2025)年の国際博覧会(万博)誘致を目指す大阪府は21日、大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区)を会場候補地に決めた。周辺の人工島「咲洲」や「舞洲」を活用する案も検討したが、土地を所有する大阪市と協議し、必要とされる用地約100ヘクタールの確保が夢洲のみで可能と判断した。

 夢洲は大阪市が埋め立て中で、約390ヘクタールのうちコンテナターミナルとして利用する約140ヘクタールの造成が完成している。残りのうち南側の約100ヘクタールを万博に、北側の70ヘクタールを府と市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)用地として確保する方針を決めた。

 今後、エリア内に既設の太陽光パネルを別の場所に移せるかどうか、市が関係企業との交渉を検討する。目標とする3千万人以上の来場者のため市営地下鉄中央線を延伸し、道路や橋を拡幅する方針でも一致した。

 協議後、吉村洋文市長は「万博とIRで相乗効果が出せるような仕組みにしていきたい」と強調。松井一郎知事は22日、大津市で開かれる関西広域連合委員会に出席し、ほかの自治体にも協力を呼び掛ける意向だ。

関連ニュース

大阪万博構想で大商会頭、松井大阪知事を牽制「奉加帳方式難しい」「スポンサー方式で」

「産経WEST」のランキング