産経WEST

駅から7・5メートル飛び降りの車掌 遅延対応中に激高か 制帽と制服を脱ぎ 近鉄・東花園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


駅から7・5メートル飛び降りの車掌 遅延対応中に激高か 制帽と制服を脱ぎ 近鉄・東花園

 21日午前11時ごろ、大阪府東大阪市の近鉄奈良線東花園駅で、列車の遅延について乗客に対応中だった男性車掌(26)が制帽と制服を脱ぎ捨て、高架駅のホームから線路に下りて移動した後、約7・5メートル下の地面に飛び降りて救急搬送された。大阪府警や近鉄によると、腰の骨などを折る重傷だが、命に別条はない。

 近鉄奈良線では午前10時半ごろ、同市の河内小阪駅で不動産会社役員の女性(74)=同市=が近鉄奈良発神戸三宮行き快速急行にはねられ死亡。この影響で上下線に遅れが出ていた。近鉄によると、車掌は列車の乗客に降車を促した際、乗客から詰め寄られて激高したとの情報もあり、経緯を確認している。

 近鉄は「不適切な行動で大変遺憾。ご迷惑をお掛けし、心よりおわびします」としている。

関連ニュース

【富山市議政活費不正】「辞職ドミノ」発端は地元紙女性記者押し倒し 報酬引き上げ可決巡る取材中 取材班結成で不正発覚

「産経WEST」のランキング