産経WEST

名古屋のおせち商戦は9月末から 高島屋は431種類 アレルギー配慮も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋のおせち商戦は9月末から 高島屋は431種類 アレルギー配慮も

 名古屋市内の百貨店で今月末からおせち商戦が始まる。ぜいたくな素材を使った商品や、少人数向けなど各社とも工夫を凝らす。28日から予約受け付けを始めるジェイアール名古屋高島屋は、卵や小麦、エビなどアレルギーを起こしやすい7種類の食材を使わないおせちを発売する。

 高島屋は431種類を用意。アレルギー配慮おせちは「名古屋の百貨店では初」という。小麦不使用のしょうゆで味付けした煮物や、卵焼きに似せたニンジンとサトイモの練り物などが木目調の箱を彩る。価格は2万1600円。担当者は「アレルギーを心配せずに安心して正月を過ごしてほしい」と話す。

 松坂屋は257種類。店頭では10月1日から予約を受け付ける。近江牛の希少部位を使ったステーキや煮込みを詰め合わせた商品(2万4840円)などを売り込む。

関連ニュース

【滋賀のおせち】ホンモロコ、夜の湖上に輝く「琵琶湖の宝石」

「産経WEST」のランキング