産経WEST

京セラドームで交通安全PR オリックス戦の前に大阪府警音楽隊が登場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京セラドームで交通安全PR オリックス戦の前に大阪府警音楽隊が登場

交通安全をPRする府警とオリックスのマスコット=大阪市西区の京セラドーム 交通安全をPRする府警とオリックスのマスコット=大阪市西区の京セラドーム

 秋の全国交通安全運動(21~30日)を前に、大阪府警音楽隊が20日、プロ野球オリックス-西武戦が行われた京セラドーム大阪(大阪市西区千代崎)で啓発活動。オリックス球団の協力を得て、試合前のグラウンドで交通事故防止を呼びかけた。

 音楽隊のメンバー約30人が勇ましいマーチを演奏し、カラーガード隊6人が息の合ったドリルを披露。府警のマスコット「フーくん」と「ケイちゃん」が、球団マスコットと一緒に「交通安全」と記したボードを掲げてポーズを決めると、来場者から大きな拍手が送られた。

 府警によると、今年の府内の交通事故の死者は19日現在で104人と前年同期比30人減で、府警担当者は「秋は例年、夕暮れ時の事故が増える傾向にある。交通ルールの再確認をお願いしたい」としている。

関連ニュース

代打の神様、元阪神の桧山進次郎さんが1日警察署長に 京都・下京署 秋の全国交通安全運動で

「産経WEST」のランキング