産経WEST

「バスケの滋賀を全国にアピールするぞ」 Bリーグ開幕前にレイクスが県庁を表敬訪問

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「バスケの滋賀を全国にアピールするぞ」 Bリーグ開幕前にレイクスが県庁を表敬訪問

滋賀県庁を訪問し今シーズンの抱負を語るレイクスの選手たち 滋賀県庁を訪問し今シーズンの抱負を語るレイクスの選手たち

 プロバスケットボール男子統一リーグの「Bリーグ」開幕に先立ち「滋賀レイクスターズ(レイクス)」の選手らが20日、滋賀県の三日月大造知事を表敬訪問した。レイクスは24日、大津市のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で、シーホース三河(愛知県)との開幕戦を迎える。

 Bリーグは、国内に2つあった男子バスケットボールリーグを統合した新リーグ。レイクスは1部に参戦し、計18チームの中で頂点を目指してシーズンを戦う。

 この日は選手10人や、遠山向人ヘッドコーチらが県庁を訪問した。遠山ヘッドコーチは「今年はハートのいい選手がそろった」と語り、「Bリーグが注目を浴びているので、バスケットの魅力を日本や滋賀の人に伝わるように精進していく」と抱負を述べた。

 また、レイクスはこの日、滋賀県内のスポーツ振興に携わる「しがスポーツ大使」に就任。今後、県の要請に応じてバスケットの指導など、選手らが県民との交流を深める活動を積極的に行うという。三日月知事は「リーグ改変で大変な時期だが、だからこそ滋賀県としてチームワークよく応援していきたい」と語った。

 同県草津市出身でキャプテンの横江豊選手は「滋賀県をアピールしつつ、全国から応援されるようなチームを目指す」と意気込みを述べた。

関連ニュース

9月開幕!統一バスケットリーグ 関西Bリーグ勢がそろって会見

「産経WEST」のランキング