産経WEST

四国・高知の早明浦ダムの取水制限を全面解除

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四国・高知の早明浦ダムの取水制限を全面解除

 四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は21日午後、早明浦ダム(高知県)からの取水制限を全面的に解除した。台風16号による大雨で貯水率が大幅に回復したため。

 整備局によると、貯水率は4日時点で33・3%まで落ち込んだが、9月は雨の日が多く、徐々に回復。まとまった雨で下流の取水地点の流量が増えた同18日からは、一時的に制限を解除していた。21日午前0時の貯水率は79・1%で、ほぼ平年値(84・1%)並みに戻った。

 早明浦ダムは7、8月に少雨だった影響で貯水量が減少。8月9日に徳島、香川両用水で第1次取水制限を始め、同19日からは供給量の削減率を拡大した第2次取水制限に入った。制限は約40日間続いたが、日常生活への影響はほぼなかった。

関連ニュース

四国・早明浦ダムの取水制限、降雨で一時解除

「産経WEST」のランキング