産経WEST

【富山市議政活費不正】民進県連代表の県議も不正判明 県議では3人目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富山市議政活費不正】
民進県連代表の県議も不正判明 県議では3人目

 民進党富山県連代表の坂野裕一県議(52)が、架空の印刷費を計上し、政務活動費約130万円を不正請求していた疑いがあることが21日、分かった。坂野氏は同日午後、辞職願を提出する。県議会ではすでに2人が辞職している。

 政活費の収支報告書によると、平成26~27年度に3回、会派広報紙の印刷代として、計約130万円を請求していた。しかし、領収書を発行した富山市の印刷会社によると、入金記録はなく、営業担当者が坂野氏側に白紙の領収書3枚を渡していたという。

 富山県議会の民進党会派では、山上正隆氏(61)も別の印刷業者から入手した白紙領収書に実際より多い印刷代を記載、計37万5千円を不正に受け取ったことが発覚し、20日に議員辞職した。

関連ニュース

【富山市議政活費不正】「辞職ドミノ」発端は地元紙女性記者押し倒し 報酬引き上げ可決巡る取材中 取材班結成で不正発覚

「産経WEST」のランキング