産経WEST

金沢市議会事務局が無断で議員に傍聴者情報を提供

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金沢市議会事務局が無断で議員に傍聴者情報を提供

 金沢市議会事務局が、市議会本会議の傍聴者名や情報公開請求をした報道機関名を無断で市議に提供していたことが21日、分かった。議会事務局幹部が明らかにした。事務局は「個人情報保護の観点から、不適切だった」と謝罪した。

 事務局によると、傍聴者が記入した住所と氏名の一覧を、希望した市議に議会図書室で閲覧させていた。コピーや写真撮影は禁止だったが、閲覧は慣例化していたという。市議から傍聴の礼状を受け取った市民が不審に思い、別の議員に相談して発覚した。

 また、事務局の森沢英明総務課長が、1日の各会派代表者会議で、毎日新聞社の名前を挙げ「政務活動費の情報公開請求があった」と報告していた。

 福田太郎議長は21日の議会運営委員会で「二度とこのようなことにならないよう、ルールを守っていく」と話した。

関連ニュース

個人情報11万件流出か エフエム愛知のメール会員 不正アクセスで

「産経WEST」のランキング