産経WEST

【富山市議政活費不正】「辞職ドミノ」発端は地元紙女性記者押し倒し 報酬引き上げ可決巡る取材中 取材班結成で不正発覚

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富山市議政活費不正】
「辞職ドミノ」発端は地元紙女性記者押し倒し 報酬引き上げ可決巡る取材中 取材班結成で不正発覚

万の位に「2」を書き足した富山市議会民進党系会派の領収書の写し 万の位に「2」を書き足した富山市議会民進党系会派の領収書の写し

 こうした声を牽制するかのように、自民会派は議員報酬引き上げを中止する方向で検討を始めた。一部野党は「中止で済む問題ではない」と、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)などで徹底追及する構えだ。

 今回の問題で一部議員を詐欺罪などで刑事告発した市民団体関係者は「不正が発覚していなければ同じことが続いていただろう。根は深い」と話した。

このニュースの写真

  • 「辞職ドミノ」発端は地元紙女性記者押し倒し 報酬引き上げ可決巡る取材中 取材班結成で不正発覚

関連ニュース

【富山市議政活費不正】議会が6人の辞職を許可 議場は騒然…「あんたは大丈夫か!」「懲戒免職やろ!」とやじ 異例の補選へ

「産経WEST」のランキング