産経WEST

【台風16号】増水の武庫川で流された男児 10キロ下流で発見 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風16号】
増水の武庫川で流された男児 10キロ下流で発見 

 台風16号の影響で増水した兵庫県宝塚市の武庫川で20日、小学1年の男児(6)が流され、行方不明になった事故で、兵庫県警尼崎北署は21日、現場から約10キロ下流の同県尼崎市南武庫之荘の河川敷で男児を発見したと発表した。男児は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 同署によると、男児を捜索していた消防隊員が同日午前6時50分ごろ、河川敷であおむけに倒れているのを見つけた。男児は20日夕、宝塚市栄町でボール遊びをしている際、川に入ったボールを拾いに行こうとして土手を下り、転落したとみられる。

関連ニュース

【虎のソナタ】台風16号猛威、甲子園でもあわや

「産経WEST」のランキング