産経WEST

金本カメラでクセ者対策 阪神が甲子園改造、一、三塁側に“秘密兵器”設置へ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金本カメラでクセ者対策 阪神が甲子園改造、一、三塁側に“秘密兵器”設置へ!

甲子園三塁側のカメラマン席。このあたりに情報分析用の固定カメラを設置する予定だ 甲子園三塁側のカメラマン席。このあたりに情報分析用の固定カメラを設置する予定だ

 阪神が本拠地・甲子園の一、三塁側に球団専用カメラを設置する方向で動いていることが20日、明らかになった。投手の癖などを徹底分析するためで、他球団に遅ればせながらの導入。来季に向けての“秘密兵器”となる。25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島のような機動力野球へ、必ず生かす!

 やられたら、やり返す。今度こそ走り返す。台風接近のため巨人戦が中止になったこの日、来季に向けたプロジェクトを、阪神が早くも進めていることが分かった。

 「甲子園の一、三塁側にカメラを設置できれば。機動力野球を目指すためにも、大事なツールになると思っています」

 球団関係者が語った。

 「カメラ」とはテレビの中継用ではない。球団専用カメラである。フォーカスを当てるのは自軍および他軍の投手陣。すべての動作を撮影し、スコアラー陣がそれを徹底分析するという算段だ。

 今季まではスコアラーが一、三塁側からハンディカメラで撮影していた映像を利用していた。しかし、投手の体重移動やけん制の動作などから癖をあぶり出すためには、固定カメラで精密な映像を撮る方が最善であることは明白だ。手動を撤廃することでスコアラー2人分の時間も有効活用できる。本拠地ならではの地の利を最大限生かすつもりだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 金本カメラでクセ者対策 阪神が甲子園改造、一、三塁側に“秘密兵器”設置へ!

関連ニュース

【プロ野球】金本阪神、シーズン負け越し決定に「いまさら…」

「産経WEST」のランキング