産経WEST

J2京都から世界を目指す 高校随一のFW岩崎

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


J2京都から世界を目指す 高校随一のFW岩崎

J2京都への入団が内定し、記者会見でポーズをとるU-19日本代表FWの岩崎悠人=京都市 J2京都への入団が内定し、記者会見でポーズをとるU-19日本代表FWの岩崎悠人=京都市

 J2から世界へ。東京五輪世代の逸材は野望を公言する。「日本にとどまらず、世界に出て、代表としてワールドカップに出場する」。サッカーのU-19(19歳以下)日本代表FWで、京都橘高3年の岩崎悠人(18)は複数のJ1クラブからオファーを受けたが、J1復帰を狙う京都でプロ人生を踏み出す決断を下した。

 滋賀県彦根市出身。小学1年で競技を始め、日本サッカー協会が設置した中高一貫のエリート選手育成校、JFAアカデミー福島に入った。しかし東日本大震災の影響で活動が中断するなどし、中学途中で地元に戻った。

 中学3年時にはJクラブの下部組織から声がかかったが、京都橘高を選んだ。プロに直結する恵まれた環境よりも、全国高校選手権で準優勝した同校の情熱的なカラーにひかれた。スピードと運動量を磨き、高校随一と形容されるストライカーに成長した。

 プロ入りに際し、強豪の鹿島などからもラブコールを受けたが「高校3年間でサッカー人生が変わった。お世話になった京都の皆さんに恩返ししたい」と言う。京都の野口裕司強化部長は「この年代ではスピード、得点感覚がずばぬけている」と才能にほれ込む。

続きを読む

このニュースの写真

  • J2京都から世界を目指す 高校随一のFW岩崎

関連ニュース

【関西J回顧】(下)ネルシーニョイズムが浸透中の神戸…J1復帰遠ざかる京都

「産経WEST」のランキング