産経WEST

【夕焼けエッセー】爆買い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー】
爆買い

 今や外国人観光客の爆買いは有名だが、その気配もない18年前のこと。香港に夫婦で赴任した親友に男の子が生まれ、「泊めてやるから遊びに来い」と誘われたので行くことにした。

 「お祝い品何がええ?」と聞くと、初めて聞いた日本メーカーの粉ミルクがほしいと言う。「貴重なモンに違いない!」と思い、大阪中の百貨店を走り回ったがどこにもない。諦めて、たまたま近所の薬局に行ったら、安い値段で山積みで売っているではないか!その缶を爆買いして、いざ関西国際空港へ。

 荷物検査で、係員に缶の中身を聞かれ、当然「粉ミルクです」と答えた。すると、「封を切ってください」と言うので「鮮度が損なわれるやろっ!」と断ったら、数人の空港警察官がやってきて、X線検査。そのうえパスポートの提示を求められ、仕事で行った国々の入出国の判だらけのパスポートを出すと、別室へ呼ばれ取り調べを受けた。

 缶の開封を拒み続けると、シェパードを連れてきて匂いを嗅がせる始末。そのときやっと気付いた。超軽装・ホテルでない宿泊先・渡航歴多・白い粉!覚醒剤の密売人か何かと勘違いされているのだと!

 最終的に、年配の女性警察官の「それウチの子も飲んでましたわ」のひと言でなんとか釈放されたが、すでに搭乗時間の1時間後。

 必死のパッチで着いた香港。だが、新香港国際空港の別室にドーベルマンがやってきた顛末はもはや語るまでもないだろう。

安藤慎太郎 48 サービス業 大阪市城東区

関連ニュース

【夕焼けエッセー8月月間賞】自分をうまく三枚目に描く表現力

「産経WEST」のランキング