産経WEST

78歳姉の首絞め殺した75歳弟を起訴 「介護に疲れた」 神戸地検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


78歳姉の首絞め殺した75歳弟を起訴 「介護に疲れた」 神戸地検

 神戸市長田区の民家で、住人の西垣幸恵さん=当時(78)=が首を絞められ、後に死亡した事件で、神戸地検は20日、殺人罪で近くに住む弟の奥野登美溢(とみいつ)容疑者(75)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、奥野被告は8月31日、西垣さんの首をタオルで絞め意識不明の重体とさせ、9月12日に同市内の病院で死亡させたとしている。奥野被告は当初の県警の調べに「姉の介護に疲れていた」と供述していたという。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング