産経WEST

【関西の議論】廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態

大理石でできた池と噴水は水が干からびてカビが生え、噴水部分は斜めに傾いたトルコ庭園 大理石でできた池と噴水は水が干からびてカビが生え、噴水部分は斜めに傾いたトルコ庭園

 中には意識の高い職員もいたが、数年単位の人事異動で職員が次々と入れ替わり、デリケートな作業や知識を要する整備は後回しにされていった。その結果、気がつけば廃墟同然にまでなった。当初はまだ貴重な植物もたくさん残されていたが、栽培方法を間違えたり、安易に樹木を切り倒したりして、その多くがなくなっていったという。

 実際に園内を見て回ってみると、庭園に付属する建物や部品の経年劣化は深刻だ。木の色がはげ落ち、腐植している部分も確認できる。コンクリートや大理石、レンガについても、長年放置してきたためにひび割れやカビが目立つ。だが、材料をわざわざ現地から取り寄せたものも多く、修復するだけでもかなりの経費負担となる。国際庭園をめぐっては、平成24年から大阪市造園業協会が年間約150万円相当分の寄付行為として改修工事を行っている。これまでにオーストリア、トルコ、イギリス、モロッコの庭園の改修を手がけたという。

 また、花博の余剰金は基金として「花博記念協会」が管理。基金は、理念である「自然と人間との共生」の継承発展・普及啓発につながる研究開発や活動に対しての助成事業などに活用されている。ただ修繕工事などについては基金の対象項目にはなっていないため、大阪市から国際庭園の整備のための助成金申請をしたことはないという。

「ようやく予算ついた」というが…

 そんな中、同公園内の植物園「咲くやこの花館」で、ハワイ文化と植物について情報発信しているボランティアグループ「虹の名残を救う」が、管理事務所「鶴見緑地パークセンター」の許可を得て、昨夏からハワイ州庭園の清掃活動に乗り出した。

 草むしりやタイル磨き、高圧洗浄機を使って階段のカビ除去などを行っている。月1回ペースで清掃を続けたおかげで、ハワイから運んだ溶岩石の階段や海に見立てた水色のタイルが色鮮やかに蘇ってきた。

寄付などによって手入れが行き届いている庭園はひと握り

このニュースの写真

  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態
  • 廃墟「国際庭園」外国人観光客から嘆きの声…花博から四半世紀“残念”な実態

関連ニュース

【関西の議論】使えねー「奈良ドリームランド」跡地…規制ガチガチで誰も買わず「廃虚」が蘇る日はいつ

「産経WEST」のランキング