産経WEST

【衝撃事件の核心】カネがうなる?「西のジュエリータウン」 防犯カメラがとらえた白昼〝金塊強奪事件〟…「第三の犯行」に地元恐々

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
カネがうなる?「西のジュエリータウン」 防犯カメラがとらえた白昼〝金塊強奪事件〟…「第三の犯行」に地元恐々

金塊6本が入ったキャリーバッグを奪い、逃走する2人乗りのバイク=8月30日(大阪市中央区の南船場に設置された防犯カメラ映像より) 金塊6本が入ったキャリーバッグを奪い、逃走する2人乗りのバイク=8月30日(大阪市中央区の南船場に設置された防犯カメラ映像より)

 大阪・南船場の路上で8月、飲食店経営の男性が約2800万円相当の金塊が入ったバッグをひったくられた。現場となった貴金属店付近では3月にも、風俗店経営の男性が金塊を換金した直後に約5700万円入りのバックを奪われる事件が起きたばかり。いずれの事件も逃走する犯人の姿が防犯カメラに写り、多数の目撃情報もあるにもかかわらず、解決には至っていない。貴金属店や宝石問屋が立ち並ぶ様子から「ジュエリータウン」の異名を持つ東京・御徒町を彷彿させるとして、「西のジュエリータウン」とも呼ばれる南船場を舞台とした白昼堂々の犯行。「お金が集まる街」の各店舗は〝第三の犯行〟に恐々としている。(井上浩平)

「金塊6本奪われた」

 「おい、待て!」

 8月30日午前9時55分ごろ、南船場の路上に悲痛な声が響いた。片手を伸ばしながら必死の形相で追いかける男性をあざ笑うかのように、2人乗りのバイクが全速力で走り去った。

 被害に遭ったのは、川崎市高津区の飲食店経営の男性(45)。金塊の商談をするため、貴金属店前の路上で大阪府内の知人と待ち合わせをしていたところ、突然、バイクが歩道を乗り上げて接近。後部座席の人物からキャリーバッグを奪われた。

 バイクは1つ目の角を左折。そこには偶然、巡回中のパトカーが停車していたが、進路を変えて悠々と逃走した。男性からの110番を受け、直ちにヘリコプターでの捜索も行われたが発見できなかった。

 府警の調べに対し、男性は「バッグには金塊6本が入っていた」と説明。金塊の重さは1本1キロで、被害額は約2800万円相当にのぼった。

「警察が3月の事件の再現か現場検証をやっているのかと」

このニュースの写真

  • カネがうなる?「西のジュエリータウン」 防犯カメラがとらえた白昼〝金塊強奪事件〟…「第三の犯行」に地元恐々
  • カネがうなる?「西のジュエリータウン」 防犯カメラがとらえた白昼〝金塊強奪事件〟…「第三の犯行」に地元恐々
  • カネがうなる?「西のジュエリータウン」 防犯カメラがとらえた白昼〝金塊強奪事件〟…「第三の犯行」に地元恐々

関連トピックス

関連ニュース

【衝撃事件の核心】神出鬼没「全裸マン」ついに御用、防犯カメラ前であの行為 兵庫〝変態列伝〟に新たな一ページ

「産経WEST」のランキング