産経WEST

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神武・海道東征 第12部】
偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

鬼八を踏みつけて封じる三毛入野命の神像。高千穂神社の本殿に刻まれている =宮崎県高千穂町(恵守乾撮影) 鬼八を踏みつけて封じる三毛入野命の神像。高千穂神社の本殿に刻まれている =宮崎県高千穂町(恵守乾撮影)

 皇紀2600年奉祝事業のために書かれ、戦前は全国で上演されて人気を集めたが、戦後はほとんど上演されなくなった。昨秋、大阪フィルハーモニー交響楽団の雄壮な演奏で復活上演され、大きな反響を呼んだ。今年も10月3日に再演される。

 白秋の詩は、記紀の古代歌謡や万葉集の様式を模して懐古的な味わいがあり、信時の曲は簡潔にして雄大と評される。

このニュースの写真

  • 偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

関連ニュース

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(3)布都御魂(ふつのみたま) 危機救った刀 生命を預かる神

「産経WEST」のランキング