産経WEST

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神武・海道東征 第12部】
偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

鬼八を踏みつけて封じる三毛入野命の神像。高千穂神社の本殿に刻まれている =宮崎県高千穂町(恵守乾撮影) 鬼八を踏みつけて封じる三毛入野命の神像。高千穂神社の本殿に刻まれている =宮崎県高千穂町(恵守乾撮影)

 〈三毛入野命たちの留守中、二上山の千々ケ窟(いわや)に住む鬼八という鬼が悪行の限りを尽くし、祖母岳明神の娘、鵜目姫(うのめひめ)をさらって鬼ケ窟に隠した。三毛入野命は、姫を助けるために肥後や阿蘇まで鬼八を追い、斬り殺した。死骸を埋め、8尺の石で押さえたが、魔力で蘇生したため、身体を3つに切り離して埋めた〉

 同神社の本殿には蘇生しようとする鬼八を踏みつけて退治する神像が刻まれている。そばには鎮石もあって、伝承をしのばせる。

 「東征という大事業は果たせなかったが、ご祭神は地元を守ることで役目を果たそうとした。中央の大仕事も重要だが、地方をしっかり守る者も必要。現代にも通じる教えを含んだ伝承だと思います」

     ◇

 記紀が、イハレビコの兄たちに触れない理由について、宮崎県立看護大の大館真晴教授は、皇位の正統性を書く目的を挙げる。

 「記紀は、天皇の兄弟について、皇位にからまない場合はほとんど触れない。いかに皇位についたかだけが焦点で、兄弟が詳しく書かれるのは、皇位継承を阻むようなことをした時だけです」

 兄たちが、稲作を中心とした家族的国家の建設のために尽くしたことはその名でわかる、と後藤宮司は指摘する。御毛沼命の「毛」は古語で食(け)の意。穀物に関する文字だ。次兄の稲冰命(いなひのみこと)は稲飯命の表記さえある。稲作文化を広める東征で、兄たちも重責を果たしたことは間違いないのだ。   =(3)に続く

     ◇

【用語解説】高千穂の夜神楽 高千穂神社で観光用に行われるものが有名だが、本来は11月中旬から2月上旬にかけて、高千穂町内の神楽宿で奉納される。神楽宿は80~40世帯に1軒が選ばれる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 偉業を支えた脇役たち(2)御毛沼命(みけぬのみこと) 故郷に帰り 地方を守った兄

関連ニュース

【神武・海道東征 第12部】偉業を支えた脇役たち(3)布都御魂(ふつのみたま) 危機救った刀 生命を預かる神

「産経WEST」のランキング