産経WEST

【夕焼けエッセー】ポケモンGone

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー】
ポケモンGone

 携帯ゲームはやらない主義だが、「ポケモンGO」は気になった。日本で配信される前からテレビや新聞で大騒ぎしていたし、世界中の人が夢中で楽しんでいる様子を見て、ちょっとだけやってみることにした。

 アプリをダウンロードして衣装を選び、名前を考えた。そして始めてみると、想像していた以上によくできていて面白かった。

 だけど、携帯ゲーム初心者だからなかなかボールが当たらず、2日目にはボールがなくなってしまった。購入できるようだが、ゲームにお金は使いたくない。

 翌日、これを機にやめようと思っていることを職場の人に話すと、職場の近くに「ポケストップ」が3カ所あって、そこに行けばボールがもらえると教えてくれた。ボールがもらえるのならやめる理由はない。

 それから出勤のたびにボールを集めた。出勤前と昼休み、そして帰りの1日3回、3カ所のポケストップを回った。ボールがたくさんあると、いつポケモンが出てきても安心だ。

 そんなある日、「ふみこ、元気にしとる?」と母から電話があった。そういえばこの3日間、母に電話もメールもしていなかった。16年前に父が亡くなり、母は熊本で1人暮らしをしている。私はこれまで出勤前か昼休みに、母に電話かメールをするようにしていた。

 ポケモンに捕まっていたのは私だった。その日の夜、ポケモンGOを削除した。そしてようやくポケモンから逃れた。

荻原 富美子 54 非常勤職員 大阪府阪南市

関連トピックス

関連ニュース

【夕焼けエッセー8月月間賞】自分をうまく三枚目に描く表現力

「産経WEST」のランキング