産経WEST

【虎のソナタ】「神の左」が高山に乗り移った!? ボクシング世界王者・山中さん毎試合来て~

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
「神の左」が高山に乗り移った!? ボクシング世界王者・山中さん毎試合来て~

甲子園での今シーズン巨人戦初勝利を祝う阪神ファン=甲子園球場(吉澤良太撮影) 甲子園での今シーズン巨人戦初勝利を祝う阪神ファン=甲子園球場(吉澤良太撮影)

 不覚にも熱いモノがこみあげました。

 やっと1勝…。

 甲子園で11試合目で、今季の巨人戦、涙の1勝…。次の瞬間、言いしれぬ怒りがこみ上げた。なんだこの野郎ッ、これができるのなら、もっと早くからやらんか。

 この日のCD(当番デスク)野下俊晴の母校のレッキとした教授で、猛烈な阪神ファンの方を思い出した。そのプロフェッサーは阪神がふがいない負け方をしたとき、食べていたカレーを皿ごと自宅の壁に投げつけたことがある。その時、家族はどんな反応でした?

 「ヒヤヤカに私を見つめていたョ」とクールにおっしゃっていたのを思い出したのだ。先生はこの日の勝利をどんなに喜んでいらっしゃるか…。虎の1勝って…つまりそれだけのドラマとペーソス(哀感)があるんです。阪神の1勝には…。

 サブキャップ阿部祐亮が妙にシンミリして、試合前にこんな電話をくれたョ。「きょうの読売テレビの放送席に、解説で桑田真澄さんがいらっしゃっていた。その顔をみたら、フッと僕は小学生の頃を思い出したんです。小学3年のとき、桑田投手宛にファンレターを書いた。当時は巨人ファンでした。それから3年後の小学6年の時に、桑田さん直筆の返事がきたんです。3年後にキチンと筆文字で…。消印は宮崎でした。あれって今も大事においてます。あのはがきのことをなぜかフト思い出しまして…」というのだ。なんか胸がつまる。みんな“切羽詰まっていた”んだ。

続きを読む

関連ニュース

【虎のソナタ】元気なし虎には土性さんからカツ!?G戦2桁借金「あと1」…頼むぜ

「産経WEST」のランキング