産経WEST

【スポーツ岡目八目】韓国初開催のWBC会場は「雨漏りドーム」…ネット民「ちゃんと修繕しろ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツ岡目八目】
韓国初開催のWBC会場は「雨漏りドーム」…ネット民「ちゃんと修繕しろ」

高尺スカイドーム(共同) 高尺スカイドーム(共同)

 来年3月に開幕する野球の国・地域別対抗戦、第4回「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第1ラウンドが初めて韓国で開催されることになった。場所は「雨漏りするドーム」と自国メディアから揶揄(やゆ)されるソウル市の高尺(コチョク)スカイドーム(高尺ドーム)。韓国ネットユーザーからは「開催までに天井は直してほしい」と不安視する声が挙がっている。

招致に成功

 東亜日報電子版は先日、WBC第1ラウンドが来年3月初め、東京ドームと米国、メキシコの3カ所にくわえ、初めて韓国で行われることになったと報じた。

 当初は台湾で行われる予定だったが、WBC組織委員会による開催地の正式発表が遅れたため、台湾側が5月中旬に開催権申請を撤回したという。中央日報電子版はその理由について「市場規模が大きい韓国との競争で不利と把握していた」台湾側が「自尊心を保つため撤回を決めた」などと報じている。

 WBCの誘致は、韓国野球界にとってある意味悲願だった。人気面で低落傾向にある韓国プロ野球だが、2008年北京五輪で韓国代表が金メダルを獲得したのに続き、09年WBCで準優勝した際に国民の野球熱が高揚。さらに第1回から東京ドームで1次ラウンドを開催している日本に対抗する意味でも、何とか自国開催にこぎつける必要があったのだ。

切り札はドーム

 誘致の切り札が韓国初のドーム球場「高尺ドーム」だ。WBCが行われるオフシーズンの3月はナイターには寒い。韓国は日本より気温が低いため、温度調整のきくドーム球場がなければ開催できないからだ。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

【艶!スポーツ】真夏に行われた「ノーバン」投球の数々…リオ五輪期間中も粛々?と

「産経WEST」のランキング