産経WEST

パンティー脱ぎ捨て“仲間”と認められた-美人写真家ヨシダナギさん、自ら裸になり少数民族撮影 「アフリカはカッコいい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パンティー脱ぎ捨て“仲間”と認められた-美人写真家ヨシダナギさん、自ら裸になり少数民族撮影 「アフリカはカッコいい」

スリ族にメークを施してもらうヨシダナギさん=エチオピア スリ族にメークを施してもらうヨシダナギさん=エチオピア

 顔や体を色鮮やかにペインティングし、草花をアクセサリーとしてまとう-。そんな“世界一ファッショナブルな民族”、エチオピアのスリ族に光をあてた写真集「SURI COLLECTION」が話題を呼んでいる。アフリカの少数民族を撮り続けるヨシダナギさん(30)。自らも裸になって相手の懐に飛び込むという大胆な撮影スタイルと相まって、いま注目の写真家が、アフリカの知られざる魅力を伝える。(横山由紀子)

「大人になったらアフリカ人になる」の夢叶え

 石灰岩や赤土などを水に溶かした白や黄や赤のメイクが褐色の肌に映え、草花や木の実などの天然のリースや王冠が顔や頭を華やかに飾る。そして、モデルのようなポーズ。写真集に収められているスリ族の姿は、彼らが結婚式や満月の夜のダンスパーティーでのみ披露する特別な装いだ。

 「まるで森の妖精みたいでしょう。身近な草花をこんなに美しくまとう民族は見たことがありません。最高の被写体です」とヨシダさんは言う。

 アフリカに魅せられたのは、5歳のとき。テレビで見たマサイ族の褐色の肌、色鮮やかな原色の衣装に目を奪われ、「大人になったら、アフリカ人のようになる」と誓った。「自分も同じ肌の色を選べると本気で信じていた」。だが、10歳のときに母親から「あなたは日本人だから、彼らみたいにはなれない」と告げられ、「人生初の挫折」を味わった。

 中学時代にはいじめがきっかけで不登校になり、ひきこもりも経験したが、アフリカへの熱い思いは変わらなかった。グラビアアイドルやイラストレーターなどの仕事を経て2009年、ついに、憧れの地を踏んだ。幼い頃から思い描いていた通り、彼らは格好良かった。その魅力を伝えたいと独学で写真を学び、エチオピアのムルシ族、マリのドゴン族、カメルーンのコマ族などの少数民族を撮影し、ブログで公開すると注目を集めるようになった。

「わしの5番目の妻になれ」まさかのプロポーズ

このニュースの写真

  • パンティー脱ぎ捨て“仲間”と認められた-美人写真家ヨシダナギさん、自ら裸になり少数民族撮影 「アフリカはカッコいい」
  • パンティー脱ぎ捨て“仲間”と認められた-美人写真家ヨシダナギさん、自ら裸になり少数民族撮影 「アフリカはカッコいい」
  • パンティー脱ぎ捨て“仲間”と認められた-美人写真家ヨシダナギさん、自ら裸になり少数民族撮影 「アフリカはカッコいい」

関連ニュース

【芸能考察】なぜオヤジたちは「石田ゆり子」にぞっこんなのか-デキる女より、美魔女よりも「マイナスイオン美人」!?

「産経WEST」のランキング