産経WEST

【関西の議論】ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態

岡山市内の交差点では、注意を促す看板が設置され、道路に「★合図」と大きく書かれているが、中央の車は合図を出さずに車線変更を行っていた(一部画像処理しています) 岡山市内の交差点では、注意を促す看板が設置され、道路に「★合図」と大きく書かれているが、中央の車は合図を出さずに車線変更を行っていた(一部画像処理しています)

 なぜ、岡山ではこうも交通マナーが悪いのか。やはり県民性なのだろうか。

 県民性に詳しい出版プロデューサーの岩中祥史さんは「交通法規を守らない人は西日本に多い。岡山は中国地方にありながら東を向いていて、反中央意識が根っこにある大阪の影響があるのでは」と分析。

 さらに、「岡山は教育県として昔から勉強する人が多く、理論理屈が立つ。理路整然とした理論だてにたけている半面、自分勝手に理屈づけるところがある」といい、それが交通マナーの悪さにつながっている可能性があるとみる。

 ただ、「100%納得できるものがあれば、違反もなくなるのでは」といい、「運転は県民性を反映するが、それはそれとして(交通法規は)守らなければならない」と話す。

「合図の徹底」呼びかけ

 県警も手をこまねいているわけではなく、これまで交通マナー向上に向けた運動を展開。平成17年にはドライバーに合図を徹底しようと、県独自に「★合図」の路面表示を導入し、県内28交差点に設置した。

 今年3月には交通情報板に「交差点で黄色信号が現れた」→「止まる?はい・いいえ」→「岡山の交通秩序が回復した」という表示が順に現れる啓発活動を実施。人気ゲームを想起させると話題になった。ただし、「情報板を凝視することで交通事故や渋滞が発生する心配がある」として数日で休止となったが…。

知事までが「岡山県民として反省しなければ」と言及

このニュースの写真

  • ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態
  • ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態
  • ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態
  • ウインカーを出さない「岡山の不思議」 自己都合のルールがまかり通る!交通マナー全国最悪の実態

関連ニュース

【関西の議論】「異常と思わないのが異常だ」県警本部長も絶句…なぜ起きる?“岡山特有”の用水路転落死亡事故

「産経WEST」のランキング