産経WEST

「性被害対応取り決めを」 痴漢放置しバス走行、徳島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「性被害対応取り決めを」 痴漢放置しバス走行、徳島

JR徳島駅前のバスターミナルに停車する徳島バスの車両=19日 JR徳島駅前のバスターミナルに停車する徳島バスの車両=19日

 徳島市で8月、路線バスの女性乗客が痴漢被害を申告したのに、運転手は走行を続けた。乗り合わせた別の女性(62)は「必死の訴えが無視され、心が折れただろう。逆に責められたようにさえ思えた」と振り返る。事業者はバス乗っ取りなど重大事件への対応マニュアルは作るが、性被害への備えに乏しい。専門家は「被害者を再び傷つけることがあってはならない」と警鐘を鳴らす。

 運行する徳島バス(同市)によると、女性が運転席に近づき「男に触られた」と伝えたのは8月9日午後7時半ごろ。「触られた? 誰に?」。運転手は車内マイクでこう返答した。運転席の後ろから再び声を掛けても「はっきり言わないと助けられない」。10分ほど経過し、他の乗客が警察に通報すべきだと主張、ようやく停止した。徳島県警によると、被害者は10代の女子高生だった。

 同社は四国運輸局徳島運輸支局の聞き取りで、「運転手が女性を運転席の後ろに座らせた」と説明。乗務員が車内の秩序を維持するよう努めなければならないと定める旅客自動車運送事業運輸規則に従って「必要な措置を講じた」との立場だ。だが複数の乗客によると、訴えが放置されたのを見かねた周囲の人々が、女性に座るよう促したのが実態だったという。

 NPO法人「性暴力救援センター大阪」代表の加藤治子さん(67)は運転手の対応を「被害者を二重に傷つける『二次的被害(セカンドレイプ)』に当たる」と批判。「どんなに軽く見えるものでも、性暴力は女性への人権侵害だと認識すべきだ」と訴える。

 徳島バスを含め、四国4県の主な路線バス事業者は、性被害対応マニュアル整備が手つかず。東京都営バスでも同様で、運転手に対応を任せているのが実態だ。加藤さんは「事業者として被害対応を取り決め、女性が訴えやすい環境を整備すべきだ」と話している。

関連ニュース

「捜査の間違いわびて」 痴漢無罪の男性が憤り 昨年8月の判決後も捜査機関から謝罪なしと

「産経WEST」のランキング