産経WEST

【衝撃事件の核心】「必ずお前を殺す」夫の壮絶DV、母娘孫無戸籍30年の悲惨 「民法の壁」へ苦悩の提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「必ずお前を殺す」夫の壮絶DV、母娘孫無戸籍30年の悲惨 「民法の壁」へ苦悩の提訴

親子関係を決める司法手続き 親子関係を決める司法手続き

 日常的に「殺す」と脅し、暴力を振るうDV(ドメスティック・バイオレンス)夫から、女性は命がけで逃げ出した。逃避行の最中、別の男性との間に授かった娘は無戸籍にならざるを得なかった。夫との婚姻が継続中にできた子供は、民法の規定「嫡出推定」により夫の子となるため、出生届が出せなかったのだ。その後、出生届の受理や無戸籍の解消を裁判所などに訴え続けたが、「夫の証言が必要」と言われ、断念に追い込まれた。結局、無戸籍状態が解消できたのは夫の死後。娘が生まれて実に30年以上が経過していた。「もし、あのとき、親子関係を法的に否定する『嫡出否認の訴え』を妻の側でも起こすことができたなら」。女性は8月、訴えを起こすことを夫にしか認めていない民法の規定は憲法違反だとして、国に損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。

「別れるなら、必ず殺す」

 訴えを起こしたのは神戸市内の60代女性。訴状や女性によると、昭和50年ごろ、夫と結婚した。まもなく子供が生まれたが、そのころから夫は暴力を振るうようになった。

 「別れるというなら、俺はきっといつかお前を殺す。今でなくても、必ずお前を殺してみせる。お前一人死なさない。俺も死ぬ気でいるからお前を殺す。俺にとっていいと思っている」。夫はこう脅し、日常的に殴る蹴るの暴行を加えた。包丁を持ち出して脅すこともしばしばだった。

 女性は数回別居を試みたが、夫が女性の両親に脅迫まがいの電話をするなどしたため断念。だが、家に戻ると、暴力はエスカレートした。

半年間で15回の引っ越し 居場所を知られないために、ダミーの家も用意

このニュースの写真

  • 「必ずお前を殺す」夫の壮絶DV、母娘孫無戸籍30年の悲惨 「民法の壁」へ苦悩の提訴

関連トピックス

関連ニュース

【衝撃事件の核心】隣にあるホラー…〝鬼〟宿るDVストーカー ハンマーで交際女性と父の頭をかち割ろうとした男の狂気

「産経WEST」のランキング