産経WEST

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】倒幕(4)「公」を忘れた日本人へ 「悪党」躍動 鎌倉終焉の象徴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】
倒幕(4)「公」を忘れた日本人へ 「悪党」躍動 鎌倉終焉の象徴

千早城跡・四の丸に登る階段。幕府軍はこの傾斜を攻め上った=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影) 千早城跡・四の丸に登る階段。幕府軍はこの傾斜を攻め上った=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影)

 楠木正成の本城、上赤坂城(楠木城)を落とし、大塔宮護良(おおとうみや・もりよし)親王が挙兵した吉野も陥落させた鎌倉幕府軍は、正成が詰め城として築いた千早城に殺到した。その様子を『太平記』はこう書く。

 〈寄手は(略)二百万騎に余りければ、城の四方二、三里が間は、見物相撲の場の如く打ち囲みて、尺地をも余さず充満したり〉

 200万騎は誇張だが、3方面に派遣された幕府軍のすべてが集まったのだから、数万の大軍だったことは間違いない。対する正成の手勢は〈わづかに千人足らぬ小勢にて〉という有様である。

 「でも、幕府軍の攻め口は1つしかなかったと思います。今、四の丸に登る石段のある道です。他は谷が深くてとても登れません」

 千早赤阪村(大阪府)郷土史友の会会員で、ボランティアガイドを務める枝松悦子氏はそう話す。石段は560段あり、標高差約100メートル。観光客は大体、途中で音を上げる急坂だが、幕府軍は小城と侮り、攻め支度もせず攻めかかった。

 〈われ前にと城の木戸口近く、被(かず)き連れて(楯を連ねて)ぞ上りたりける〉

続きを読む

このニュースの写真

  • 倒幕(4)「公」を忘れた日本人へ 「悪党」躍動 鎌倉終焉の象徴

関連ニュース

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】倒幕(2)「公」を忘れた日本人へ 鮮やか速攻 幕府軍を翻弄

「産経WEST」のランキング