産経WEST

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】倒幕(3)「公」を忘れた日本人へ 幕府に対する「決死の心火」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】
倒幕(3)「公」を忘れた日本人へ 幕府に対する「決死の心火」

大阪府富田林市内から眺める上赤坂城跡(中央手前、恵守乾撮影) 大阪府富田林市内から眺める上赤坂城跡(中央手前、恵守乾撮影)

 幕府軍を悩ませた堀切があったとみられるのは城の北端に位置する最先端部。しかし、現在は台風被害などによって、その姿を確認できない。平成17年からの発掘調査で、焼けた壁土が出土。『太平記』に記述のある延文5(1360)年の火災は、上赤坂城の可能性があるという。

 この連載「楠木正成考~『公』を忘れた日本人へ」第1部~5部を収録した冊子を発行します。お近くの産経新聞販売店でもお申し込みいただけます(発送は21日以降)。「楠木正成考シンポジウム」(21日、神戸・湊川神社で)参加者には、当日資料として冊子が配布されます(参加費に含まれています)。詳しくは次のURLアドレス(http://www.sankei.com/west/news/160908/wst1609080047-n1.html)参照を。

▼http://www.sankei.com/west/news/160908/wst1609080047-n1.html

このニュースの写真

  • 倒幕(3)「公」を忘れた日本人へ 幕府に対する「決死の心火」

関連ニュース

【戦後71年 楠木正成考<第4部>】倒幕(2)「公」を忘れた日本人へ 鮮やか速攻 幕府軍を翻弄

「産経WEST」のランキング