産経WEST

【民進党代表選】和歌山自民県連、蓮舫氏の二重国籍問題「危機管理力が疑問、反省を」、民進関係者からは期待感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【民進党代表選】
和歌山自民県連、蓮舫氏の二重国籍問題「危機管理力が疑問、反省を」、民進関係者からは期待感

民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル 民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル

 参院選では民進との野党共闘を実現させた共産党。党県委員会の下角力委員長は、「安倍首相による改憲が阻止できるかは、次の衆院選でも野党共闘を実現できるかどうかにかかっている」と秋波を送り、「民共路線」の継承を求めた。

 一方、与党関係者からは二重国籍の問題をめぐる蓮舫氏の対応を疑問視する声が上がった。

 自民県連の吉井和視幹事長は、蓮舫氏が台湾籍の保有を認識していなかったことについて、「首相になる可能性がある野党第一党の代表を目指していたにもかかわらず、自分の国籍も分かっていないようでは、危機管理力が疑問と言わざるを得ない」。自民の門博文衆院議員(比例近畿)も「今後、国会で議論していかなければならない。国民にも説明があってしかるべきだ」と追及の構えを示した。

 公明県本部の多田純一代表は「国籍の問題は、代表を目指す前にきちんとすべきだった。反省をしてほしい」と語った。

関連ニュース

【民進党代表選】蓮舫新代表「初の女性首相目指す!」と宣言

「産経WEST」のランキング