産経WEST

【民進党代表選】和歌山自民県連、蓮舫氏の二重国籍問題「危機管理力が疑問、反省を」、民進関係者からは期待感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【民進党代表選】
和歌山自民県連、蓮舫氏の二重国籍問題「危機管理力が疑問、反省を」、民進関係者からは期待感

民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル 民進党の新代表に選出され、記者の質問に答える蓮舫氏=15日午後、東京都内のホテル

 民進党の臨時党大会で15日、蓮舫代表代行が新代表に選出された。民主党政権時代の事業仕分けで知名度を上げ、人気も高いことから和歌山県内の民進関係者からは期待感が広がったが、代表選期間中に噴出した「二重国籍」問題への説明を求める意見も上がった。また、自民党や公明党の関係者からは蓮舫氏の野党第一党のトップとしての危機管理能力を疑問視する声が浮上している。

 「党の立て直しのために自分もベストを尽くしていく」。民進県連の岸本周平代表(衆院和歌山1区)は代表選直後の産経新聞の取材にこう語った。

 岸本氏は代表選では、当選同期でもある玉木雄一郎国対副委員長の推薦人に名を連ね、選対本部の事務総長も務めた。「新しい風を吹かせようと考えたが、これからはノーサイドだ」と語ったが、蓮舫氏の二重国籍問題については「きちんと国民が納得できる説明をしてほしい」と求めた。

 同県連の浦口高典幹事長は「蓮舫氏にアベノミクスなどに対抗できる政策を期待したい。蓮舫氏を中心に民進が政権交代が可能な政党だと国民に思ってもらえるように頑張りたい」。民進に所属する和歌山市の山本忠相市議は、「蓮舫氏は、『今まで以上に地方議員の声を吸い上げる』と語っており、今後、どのように党が変わっていくのか期待をしたい」と話した。

続きを読む

関連ニュース

【民進党代表選】蓮舫新代表「初の女性首相目指す!」と宣言

「産経WEST」のランキング