産経WEST

広島のスタジアム問題 「旧市民球場跡地」「みなと公園」「中央公園」3案で検討、年内にも結論

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


広島のスタジアム問題 「旧市民球場跡地」「みなと公園」「中央公園」3案で検討、年内にも結論

 広島の新サッカースタジアム建設地を巡り議論が平行線をたどっている問題で、J1広島の久保允誉会長が14日、湯崎英彦知事、松井一実市長、広島商工会議所の深山英樹会頭と市内で会談し、広島市中心部にある「中央公園」の広場も検討対象に加えることで合意した。

 これまで久保会長は市中心部の「旧広島市民球場跡地」を要望し、県、市、商工会議所は港湾部の「広島みなと公園」を推してきた。4者は早ければ年内にも結論を出す。

 会談後に取材に応じた久保会長は、球場跡地がベストとしながらも「中央公園は広島の中心にあり、活性化につながるので検討していきたい」と話した。ただ、記者会見した深山会頭によると、松井市長は「広場は隣接する団地の住民の理解が必要で、騒音対策などを検討しないといけない」と指摘したという。

「産経WEST」のランキング