産経WEST

【衝撃事件の核心】「店長には内緒のサービス」キャバクラ昏睡強盗犯が提供した〝謎の液体〟 歓楽街で広まったウワサ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「店長には内緒のサービス」キャバクラ昏睡強盗犯が提供した〝謎の液体〟 歓楽街で広まったウワサ

 「店長には内緒のサービスです。一気に飲んでください」。〝謎の液体〟を飲ませて眠らせた客から現金を奪ったとして、大阪府警は9月初め、強盗致傷容疑で、大阪・キタのキャバクラ従業員の男女3人を逮捕した。被害者は客引きに連れられて入店したキャバクラで、席に運ばれてきたショットグラス入りの茶色の液体を口にすると意識を喪失。気付けばコンビニのATMで多額の現金をおろしていたという。同店の開業は5月末。直後の6月以降、同様の手口による被害が府警に計6件寄せられており、3人が謎の液体を使って次々と客を落としていったとみられる。サラリーマンらが仕事のストレス発散や疑似恋愛を求めて、きらびやかな「夜の蝶」とのひとときを楽しむ歓楽街の一角で何が起きたのか。

「茶色の液体」サービス

 7月29日午後9時過ぎ、JR大阪駅から東約800メートルの居酒屋やガールズバーなどが立ち並ぶ「阪急東通商店街」の一角。同商店街を歩いていた50代の男性は客引きに連れられ、5階建てビルの4階にあるキャバクラに足を踏み入れた。

 府警によると、店にいたのは、後にこの男性に対する強盗致傷容疑で逮捕される従業員の藤原捷雅(しょうま)容疑者(24)とボーイの男(26)、ホステスの女(21)の容疑者3人だけだった。

 ボーイの男に案内されて席に座ると、すぐに注文していないショットグラスが運ばれてきた。

 「サービスです。一気に飲んでください」。ボーイに言われるまま、男性はグラスに入っていた「茶色の液体」を酒と思い一気に飲み干した。テキーラのような強い酒を飲んだ感触が口の中に広がった。

ショットグラス2~3杯、焼酎水割り1杯で、記憶がプツンと

「産経WEST」のランキング