産経WEST

シャープ、鴻海と知的財産管理の子会社を設立 調査・権利化を担い収益拡大へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、鴻海と知的財産管理の子会社を設立 調査・権利化を担い収益拡大へ

 シャープは12日、親会社である台湾・鴻海精密工業のグループ企業との間で、知的財産関連業務を扱う共同出資子会社を10月3日に設立すると発表した。シャープが保有する特許など知的財産の調査や権利化を担い、知財を活用して収益を拡大する。

 設立するのはサイエンビジップ・ジャパン(大阪市)。シャープが51%、鴻海グループの知的財産業務を受け持つサイエンビジップ社が20%、新会社の役員が29%を出資する。

 シャープは「鴻海グループのノウハウで業務効率化を図る」と説明。自社事業に必要な知的財産権は引き続き保有し、社外に流出することはないとしている。

「産経WEST」のランキング