産経WEST

【関西の議論】全盲生徒に「時計見ろ」と発言、橋下流〝置き土産〟?でダメ教師もクビに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
全盲生徒に「時計見ろ」と発言、橋下流〝置き土産〟?でダメ教師もクビに

大阪市の職員基本条例に基づく分限処分の仕組み。「公の組織は民間より厳しくて当たり前」(橋下徹氏)として、処分対象を数値などで明確化した全国でも珍しい取り組みとなった 大阪市の職員基本条例に基づく分限処分の仕組み。「公の組織は民間より厳しくて当たり前」(橋下徹氏)として、処分対象を数値などで明確化した全国でも珍しい取り組みとなった

突然激高する人も

 府市の条例では最低評価ランクになる職員が必ず5%いることから、「辞めさせるための条例ではないか」との批判もある。

 これに対し、課長職の一人は「人材育成が最も金や時間がかかる。指導で改善し仕事を続けてくれたら一番いい。でも改善されなければ、税金で給与をもらう行政として費用対効果を落とすわけにはいかない」と話す。

 特別研修に至った職員は2人以外にも約20人おり、「突然激高したりする職員もいた」という。

 特別研修の様子を見ていた職員の一人は「事務能力というより、コミュニケーション能力の不足ではないかと思われる人もいた」と明かす。

 しかし、免職の2人以外の処分は「降格」とされた1人のみだった。

「産経WEST」のランキング