産経WEST

【スポーツなんでやねん】韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!

シュートを放つ浅野拓磨。ゴールラインを割っていたように見えたが…(森本幸一撮影) シュートを放つ浅野拓磨。ゴールラインを割っていたように見えたが…(森本幸一撮影)

 やっぱり、日本はなめられているんじゃないか…。そう感じるのは、うがった見方だろうか。今月1日に行われたサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の日本-アラブ首長国連邦(UAE)戦で巻き起こった誤審騒動を報じた韓国紙を見て、そう思った。

 1-2で逆転負けを喫したUAE戦では、後半32分の浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートがゴールラインを割ったように見えたが、カタール人主審の判定はノーゴールだった。日本サッカー協会はアジア・サッカー連盟(AFC)に抗議文を送ったが、韓国紙朝鮮日報の日本語版(電子版)は「大韓サッカー協会関係者『試合後に文書で抗議する日本サッカー協会、世界的に珍しい』」と題した記事で、「日本サッカー協会が正式に判定に抗議したのは極めて異例だ。大韓サッカー協会関係者は『試合が終わった後、文書により判定に抗議するのは、世界のサッカー界でも珍しい。結果に対する承服を重視する日本がこれほどまで抗議するのは、それだけ腹を立てているのだろう』と言った」と記した。

 特に気になるのは「結果に対する承服を重視する日本」の部分だ。韓国サッカー界では、日本サッカー協会の姿勢をそのように受け止めているんだ-と正直、残念に思った。

 つまり、たとえ理不尽なことがあろうと、いったん結果が出た以上は堪え忍ぶ。穏便第一で、むやみに事を荒立てない。それは、ある意味、美徳でもあると思うのだが、悪く言えば、事なかれ主義。中でも、国同士が威信をかけて戦うサッカーの代表戦においては、完全になめられていると言えるのではないだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!
  • 韓国の日本観「承服を重視する」はナメられている証拠では?…日本サッカーはもっと主張せよ!

関連トピックス

「産経WEST」のランキング