産経WEST

115人スズメバチに刺される 橋下の巣が振動で刺激か 岐阜・飛騨のマラソン大会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


115人スズメバチに刺される 橋下の巣が振動で刺激か 岐阜・飛騨のマラソン大会

マラソン大会のランナーが襲われた現場付近の橋の下で見つかったキイロスズメバチの巣=平成28年9月11日午後、岐阜県飛騨市(同市教育委員会提供) マラソン大会のランナーが襲われた現場付近の橋の下で見つかったキイロスズメバチの巣=平成28年9月11日午後、岐阜県飛騨市(同市教育委員会提供)

 11日午前10時ごろ、岐阜県飛騨市神岡町で開かれた「山の村だいこんマラソン大会」のハーフマラソン部門に参加していた男女ランナー115人がスズメバチに刺された。同市消防本部や大会事務局によると、いずれも軽傷で、現場に待機していた医師や救急隊員らの手当てを受けた。うち8人は自分で病院に行き、受診した。入院者はいなかった。

 大会事務局によると、ハーフマラソンには697人が参加。折り返し地点の手前にある橋付近で襲われていた。橋の下にサッカーボール大のキイロスズメバチの巣があり、大勢のランナーが走った振動や足音がハチを刺激した可能性がある。30~40人ほどが刺された影響で途中棄権した。

 前日の試走では、異常はなく、地元住民も橋の下に巣があることは知らなかったという。事務局の担当者は「今後、イベントを開く際には、さらに入念なチェックが必要だと考えている」と話している。

 大会は地域住民の交流を盛んにするため開催され、今年で18回目。800~1000メートルの高原を駆け抜けるコースで、参加者には地元野菜がプレゼントされる。3、5、10キロのコースもあり、全体で1539人が参加していた。

このニュースの写真

  • 115人スズメバチに刺される 橋下の巣が振動で刺激か 岐阜・飛騨のマラソン大会

「産経WEST」のランキング