産経WEST

【はしか集団感染】関空でワクチン接種はじまる 2日間で300人が接種予定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【はしか集団感染】
関空でワクチン接種はじまる 2日間で300人が接種予定

関西国際空港の従業員へ、はしかの予防接種が始まった=8日午後、関西国際空港(前川純一郎撮影) 関西国際空港の従業員へ、はしかの予防接種が始まった=8日午後、関西国際空港(前川純一郎撮影)

 関西国際空港の従業員を中心に、はしか(麻疹)の感染が相次いでいる問題を受け、感染拡大を防ぐためのワクチン接種が8日、関空内で実施された。対象は、はしかの罹患(りかん)歴やワクチンの接種歴がない30代以下の従業員で、9日までの2日間で300人が接種を受ける予定。

■はしか接種“空白の世代”を優先

 はしかをめぐっては、定期接種の回数の違いなどから、20~30代に免疫力が不十分な人が多いとされる。

 大阪府の調査でも、30代以下の従業員のうち900人に罹患歴や接種歴がなく、感染の危険性が高いことが判明。このうち、感染者と同じ職場の従業員や、不特定多数と接する窓口業務などの従業員を優先し、任意で300人に接種することになった。残りの600人もワクチンが確保でき次第、実施する。

続きを読む

関連ニュース

はしか“空白の世代”20~30代感染に注意 早めのワクチンを

「産経WEST」のランキング