産経WEST

大阪府、8日からはしかワクチン接種 松井知事「初動、甘い部分あった」不備認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府、8日からはしかワクチン接種 松井知事「初動、甘い部分あった」不備認める

関空従業員らにはしか感染が広がっている事態を受け、大阪市で開かれた緊急会合。近畿2府4県の感染症対策担当者らが集まった=7日午後 関空従業員らにはしか感染が広がっている事態を受け、大阪市で開かれた緊急会合。近畿2府4県の感染症対策担当者らが集まった=7日午後

900人接種歴なし

 府の調査では、関空で働く30代以下の従業員のうち約900人が、はしかへの罹患(りかん)歴やワクチンの接種歴がなく、感染の危険性が高いことが判明した。感染力の強いはしかの予防は、ワクチン接種が有効策とされており、府は8日午後から、窓口業務など不特定多数の人に接する機会の多い従業員から順に接種していく。

 一方、自治体の間でも予防接種を呼びかける動きが広がっている。

 堺市は市内の幼稚園や保育所など約170カ所に、予防接種に関する啓発文書とポスターを送付。担当者は「抵抗力の弱い子供がかかれば重症化する可能性がある」と話した。

 関空対岸の泉佐野市も、市内の小・中学校や幼稚園などに注意喚起のメールや文書を配布。関空から近い和歌山市保健所では、市内の医療機関に簡易の「検査キット」を配った。神戸空港のある神戸市も、発症の疑いがある場合は必ず医療機関に事前に連絡してから受診するよう各区に求めた。

関連ニュース

はしか“空白の世代”20~30代感染に注意 早めのワクチンを

「産経WEST」のランキング