産経WEST

大阪府、8日からはしかワクチン接種 松井知事「初動、甘い部分あった」不備認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府、8日からはしかワクチン接種 松井知事「初動、甘い部分あった」不備認める

関空従業員らにはしか感染が広がっている事態を受け、大阪市で開かれた緊急会合。近畿2府4県の感染症対策担当者らが集まった=7日午後 関空従業員らにはしか感染が広がっている事態を受け、大阪市で開かれた緊急会合。近畿2府4県の感染症対策担当者らが集まった=7日午後

 関西国際空港の従業員を中心に、はしか(麻疹)の感染が相次いでいる問題で、大阪府の松井一郎知事は7日の記者会見で、府の初動対応について、「ここまで感染(拡大)すると考えなかった。甘い部分があった」と不備を認めた。府は同日、近畿の感染症対策の担当者らを集めた緊急会議を開催。8日から関空従業員らへのワクチン接種を始めることを明らかにした。

集団感染者は少なくとも39人

 また、大阪府は7日、新たに府内在住の20代の男性1人の感染が確認されたと発表。関空に絡む集団感染者は少なくとも39人となった。府によると、男性は8月19日と26日に海外旅行のために関空を利用した。

 一連の問題をめぐっては、府は最初の感染を8月中旬に確認しながら同31日まで公表していなかった。松井知事は「これまで発生のたびに公表してきたわけではない」と釈明する一方、「前例踏襲というところで対応が不十分だった」と述べ、今後は積極的に情報発信をしていく考えを示した。

 大阪市内で開かれた緊急会議には、近畿2府4県の感染症対策の担当者や政令・中核市の保健所職員ら約80人が出席。国立感染症研究所(東京)の研究員が、はしかの症状などを解説し、感染拡大の防止策として「関係機関の迅速な情報共有が大事だ」と呼びかけた。

続きを読む

関連ニュース

はしか“空白の世代”20~30代感染に注意 早めのワクチンを

「産経WEST」のランキング