産経WEST

関空はしか集団感染、新たに旅行客1人が感染

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関空はしか集団感染、新たに旅行客1人が感染

 関西国際空港の従業員らがはしか(麻疹)に集団感染した問題で、大阪府は7日、関空を利用した府内在住の20代の男性旅行客1人の感染が新たに確認されたと発表した。関空に絡む集団感染者は39人となった。

■似た症状で数人が検査…

 男性は8月19日に関空から海外に渡航し、26日に帰国。今月3日に発熱などのため医療機関を受診し、6日にはしかと診断された。府によると、はしかに似た症状を訴えて検査中の人がほかにも数人いるといい、感染がさらに拡大する可能性もある。

【関連ニュース】神戸大でPCウイルス感染 特許など書類2万件が操作不能

【関連ニュース】女子高生カウンセリング…JKコミュ店、実は性的「新大阪女子高校」

関連ニュース

松井・大阪府知事「対応甘かった」 はしか感染公表に2週間

「産経WEST」のランキング