産経WEST

【民進党代表選】「我々のパクリ」「改革政党なら自らの報酬カットを」 維新・松井代表が一刀両断

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【民進党代表選】
「我々のパクリ」「改革政党なら自らの報酬カットを」 維新・松井代表が一刀両断

大阪府の松井一郎知事 大阪府の松井一郎知事

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は5日、民進党代表選(15日投開票)で候補者らが改革の姿勢をアピールしていることに対し、「僕らが言っていることをパクっているだけ。『改革政党』と言うなら、やってもらいたい」と批判した。大阪府泉佐野市で記者団の質問に答えた。

 松井氏は、3日に大阪市内で行われた民進党代表選の候補者討論会などで、「行財政改革、身を切る改革の期待に必ず応える」(蓮舫氏)などと改革を強調する発言が相次いだことについて、「改革政党ならまずは(自身らの)報酬カットやってもらいたい」と指摘した。

 その上で、維新が「身を切る改革」として国会議員の文書通信交通滞在費の使途を公開している点に触れ、「領収書無しで(使途を)隠している政党が『改革』なんて言う資格はない。われわれがやっていることをパクるのはいいが、それやったらやれと思いますね」と述べた。

このニュースの写真

  • 「我々のパクリ」「改革政党なら自らの報酬カットを」 維新・松井代表が一刀両断

関連トピックス

関連ニュース

【民進党代表選】「誰がなっても同じ。だから興味ない」日本維新の会・松井代表が〝一撃〟 「理念バラバラ、選挙互助会の代表決めるだけだ」

「産経WEST」のランキング