産経WEST

【世界ミニナビ】アナフィラキシーショック“迷ったら打て”の「エピペン」価格5倍の衝撃…ヒラリーもサラ・ジェシカも非難

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
アナフィラキシーショック“迷ったら打て”の「エピペン」価格5倍の衝撃…ヒラリーもサラ・ジェシカも非難

アナフィラキーショックなどが起きた緊急時に使用する注射薬「エピペン」。米製薬会社が価格をつり上げたことに反発が広がっている(AP) アナフィラキーショックなどが起きた緊急時に使用する注射薬「エピペン」。米製薬会社が価格をつり上げたことに反発が広がっている(AP)

 食物アレルギーやハチに刺されたことなどで引き起こされるアナフィラキシーに対し、緊急時に補助治療薬として使用する注射薬「エピペン」をめぐり、米国で騒動になっている。エピペンをほぼ独占している米製薬会社マイランが価格を5倍に引き上げたことで、米上院司法委員会が8月下旬、値上げについて説明するよう要請したのだ。アナフィラキシーショックなど万一の事態に備えて常備する注射薬だけに、価格の高騰は患者にとって死活問題。米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官も値上げについて「常軌を逸している」と非難するなど、大幅値上げに反発が広がっている。

100ドルが500ドル

 ロイター通信などによると、マイランは、2008年には100ドル(約1万円)だったエピペンの価格について、今年は500ドル(約5万円)以上に引き上げたという。

 8年の間に価格が引き上げられて5倍になったのだが、この価格引き上げに対し、米上院司法委員会の委員長を務めるグラスリー上院議員が「どのようにエピペンの価格を決定しているのか」などとする書簡をマイランに送り、同社を非難した。

 また、AFP通信の報道では、米上院司法委の独占禁止・競争政策・消費者権利小委員会のクロウブシャー上院議員は、米連邦取引委員会(FTC)に反トラスト法(独占禁止法)違反容疑での調査を要求。クロウブシャー氏の娘はアレルギーを患っており、エピペンに頼っているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング