産経WEST

【和歌山発砲】警察が突入し身柄確保 容疑者は自分の腹部を撃ちケガ 逮捕状請求

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【和歌山発砲】
警察が突入し身柄確保 容疑者は自分の腹部を撃ちケガ 逮捕状請求

確保した溝畑泰秀容疑者を収容するとみられる救急車=31日午後、和歌山市(村本聡撮影) 確保した溝畑泰秀容疑者を収容するとみられる救急車=31日午後、和歌山市(村本聡撮影)

 和歌山市塩屋の土木建設会社「和大(わだい)興業」で、男性従業員4人が拳銃で撃たれ、1人が死亡した事件で、警察の特殊部隊は31日午後6時45分ごろ、殺人容疑などで指名手配された同社代表取締役の次男、溝畑泰秀容疑者(45)が逃げ込んだ現場付近の集合住宅に突入し、溝畑容疑者の身柄を確保した。溝畑容疑者は捜査員の説得中に自ら腹を撃ち負傷しており、病院に搬送された。31日未明の立てこもりから身柄確保まで17時間以上が経過した。

 和歌山県警和歌山西署捜査本部は、殺人と殺人未遂容疑で溝畑容疑者の逮捕状を取っている。

 捜査本部によると、溝畑容疑者は30日午後9時10分ごろ、同社付近の路上で自転車に乗っているのを元従業員が発見し、110番。同10時半ごろには警戒中だった県警のパトカーを拳銃で計4発銃撃した。

 31日午前1時5分ごろからは集合住宅の2階廊下に立てこもり、捜査員が説得したが、同6時40分ごろには下向きに1発を発砲して威嚇するなどした。

 捜査本部によると、溝畑容疑者は29日朝、同社事務所内で拳銃を発砲し、従業員の石山純副(じゅんすけ)さん(45)を死亡させるなど計4人を死傷させた疑いが持たれている。

 溝畑容疑者は覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕、起訴され、8月上旬に懲役1年4月の実刑判決が確定。保釈中だったが、犯行日の29日に収監される予定だった。

このニュースの写真

  • 警察が突入し身柄確保 容疑者は自分の腹部を撃ちケガ 逮捕状請求
  • 警察が突入し身柄確保 容疑者は自分の腹部を撃ちケガ 逮捕状請求

「産経WEST」のランキング