産経WEST

【スポーツなんでやねん】中韓激突「犬猿の仲」のW杯アジア最終予選…米メディアも「ハリウッド超大作なみ」と注目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
中韓激突「犬猿の仲」のW杯アジア最終予選…米メディアも「ハリウッド超大作なみ」と注目

ACLで激突した中韓のクラブ。代表が戦うW杯最終予選はどうなる?(AP) ACLで激突した中韓のクラブ。代表が戦うW杯最終予選はどうなる?(AP)

 いよいよ2018年サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が始まる。日本は9月1日にホームの埼玉スタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)との初戦を迎えるが、もうひとつ注目すべき戦いがある。同日にソウルで行われる韓国-中国戦だ。

 過去の日韓戦で韓国サポーターらが繰り広げてきた日本敵視の嫌がらせは枚挙にいとまがないが、中韓の“犬猿の仲”も相当なもの。どんな戦いになるのだろうか。米スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)も8月23、24日に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でのクラブレベルの中韓対決の2試合も含めて「韓国vs中国の『サッカー3部作』はハリウッドの超大作なみかもしれない」と前景気をあおり「過去の対戦成績(韓国の30戦17勝1敗12分け)は韓国の方が圧倒的だが、今も昔ほど両国に強弱の差があるわけではない」との観測を示した。

 当事者はどうだろう。韓国紙「中央日報」の日本語版(電子版)は「『油断はない』…勝利のために中国に行った韓国代表監督」と題した記事で「最近、中国は投資を増やして努力しているが、まだ韓国のレベルには達していないという評価が多い。異変がない限り韓国の勝利が予想される」と分析。その上で「しかし(韓国代表を率いる)シュティーリケ監督は1%の油断も許さない。中国が弱体であっても万全の準備をして一戦に臨むということだ」と万全の準備で中国を迎え撃つ気構えを強調した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中韓激突「犬猿の仲」のW杯アジア最終予選…米メディアも「ハリウッド超大作なみ」と注目
  • 中韓激突「犬猿の仲」のW杯アジア最終予選…米メディアも「ハリウッド超大作なみ」と注目

「産経WEST」のランキング